クレサラ問題

クレサラ問題とは

クレサラ問題とは、クレジット会社(信用販売)やサラ金(高利貸し、消費者金融)による多重債務、 過酷な取りたて、高金利などを中心とした問題の総称です。 また、商工ローンに関する問題を含めて、クレサラ・商工ローン問題ということもあります。

事務ガイドライン

金融庁が作成した「金融監督等にあたっての留意事項について」という事務ガイドラインのことで す。事務ガイドラインの第三分冊が金融会社関係となっています。

クレサラ

クレジット(信用販売)とサラ金(消費者金融)を言います。 (これらに対する批判的・侮蔑的意味を伴う場合が多い。)

多重債務

多数の業者から債務があることです。

商工ローン

事業者金融は、商工ローンとも呼ばれ、企業の経営者を対象に高い金利(最高年利29.2%)で 事業用資金を貸し付ける業態を指します。
元は、手形割引を行っていた業者が転換したケースが多い。 銀行と比べて無担保、融資までの実施が早い点を持つが、サラ金同様に高金利と取立てにかか わる数々の問題を抱えます。


▼成功報酬型!分割可能!秘密厳守!無料相談してみる