主な相談内容

自己破産

自己破産とは多重債務や多額の借金によって、自分ではもうどうにも出来ないといった状況に追い込まれている人を、法によって救済しようというシステムです。 簡単に言えば「返済できる状態ではない」事を認めてもらい「借金返済の義務」を裁判所の決定により免責してもらうことです。

任意整理

公的機関(裁判所など)を使わず、債権者と私的に話し合いをすることで 借金の減額、利息のカットなどの返済方法を考えて、和解を勧める手続き。 任意であるため、債権者には、話し合いに応じる義務がありません。

個人再生

個人再生(こじんさいせい)とは、日本国の倒産処理制度の一つであり、民事再生法13章の規定に従って個人(自然人)債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいう。その目的は、個人債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の経済生活の再生を図ることにある(同法1条)。

過払い金

過払金(かばらいきん)とは文字通り払いすぎた金銭をいうが、特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入れをした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに返済を続けたため払いすぎた金銭をいう。