債務整理の司法書士選び方

債務整理において司法書士の選び方

司法書士と弁護士の違いはあまりありません。基本的な手続きに変わりは無く、結果にも違いはありません。弁護士だから、司法書士だから関係なく、「人間的に、この人ならば信頼して任せることができる」、そのような法律家を探しだすことが大切です。

債務整理に優している巨大事務所

事務所も司法書士、それ以外のスタッフも多く働いている事務所です。 多くの場合、宣伝費にお金をかけしているため、名前がよく知られているところも数多くあります。 また、債務整理に優しているため、毎日たくさんの借金に関わる悩みの解決経験を積み重ねております。また実際に相談に行くとスムーズに手続きが進められます。 多くの相談を受けているため、 費用が安く設定されていることが多いです。また債権者に事務所の名が知れており、債権者との交渉に強いと考えられます。

小規模事務所

大規模事務所と違い、担当になった司法書士が最初から最後まですべて把握して、スタッフに指示しながら手続きを行ってくれることが多いです。 しかし、費用は大規模事務所に比べ、高めになる傾向があります。
少ないスタッフやコストを削減しなければならないなどの理由から、宣伝や営業に時間と労力をかけることは多く見られません。 そのため、事務所について調べようと思っても、必要な情報が公開されていないことが多く、実際に行ってみなければ、どんな事務所かわからないというリスクがあると思われます。