債務整理の4つの方法

任意整理

4つある債務整理方法の1つ、任意整理についてご説明します。 任意整理を簡単に言うと、元金だけを返済し、過払い金を取り戻す和解契約です。 金融機関はグレーゾーンと呼ばれる利息制限法に違反した高額な利息を債務者に請求していますが、債務者が支払いすぎた利息を過払いと言います。 任意整理では既に返済の済んだお金に関しても過払いの有無をチェックし、過払い金があった場合はその額を借金の残高と相殺し、借金の額を減らします。 債務整理以降は利息もつきませんので、数年間で返済のめどがつきます。 任意整理は裁判所を通す必要がないので、弁護士や司法書士など専門家に代理を依頼すれば、家族や親族にも内緒で手続きを済ませやすい債務整理方法です。 債務整理を行なう業者を選択することもでき、利息制限法を引きなおして請求する過払い金の額によっては、残っている借金が相殺できる可能性だってあります。 任意整理後はほとんどの場合利息がなくなるのもメリットと言えるでしょう。 デメリットとしては、任意整理を行なった場合、借金の事実、債務整理の事実が信用情報機関に登録されてしまうことで、最低数年間は金融機関での取引がスムーズにいかなくなるでしょう。 例えば新しいカードを作ったり、ローンを組むのが難しくなるような事態です。 また、元金だけに借金を圧縮したとしても、数年の間に返済の見込みがないような方の場合、任意整理をすることはできません。

自己破産

自己破産というと悪いイメージしか浮かばないと思います。 けれど!多重債務者にとって、実は債務整理の中でも特にすばらしい制度なんです。 減額どころか、自己破産では借金はゼロになるのですから! ただし誰にでも仕える手段ではなく、他の債務整理方法でも返済が不可能、と裁判所に認められた多重債務者だけが自己破産によって借金をゼロにできます。 自己破産というと何もかも失う最悪の事態だと思いますよね。でも自己破産にもデメリットだけではなく、メリットはあります。 例えば自己破産した時点では、ほとんどの財産は手放さなくてはいけませんが、自己破産後には財産だってつくれるのです。 収入を得ても返済の義務だってありません。 自己破産後、多重債務者はゼロから再スタートすることができるのです。 細かいデメリットを挙げるとするなら、例えば自己破産する多重債務者には何種類かの職業的資格が制限されます。 警備員や保険外交員、宅地建物取引主任者、損害保険代理店、証券会社の外交員、また会社の取締役や監査役もNGです。 でもこれは手続き期間中のことであって、永遠に資格が剥奪、制限されるわけではありません。 また、手続き期間中、手続きが終了するまで通信の秘密の制限、居住の制限、財産管理処分権の喪失などの義務も伴います。 原則的に20万円以上の財産もすべて手放すことになりますが、身の回りの必要な生活用品などは残されますし、解決までの期間が短いのも自己破産のメリットです。なにより借金が帳消しになり、返済義務がなくなるのは最大のメリットと言えるでしょう。

個人再生

債務整理の方法は4種類ありますが、個人再生はマイホームなどの財産を残したい方のための手段です。 自己破産の場合、その時点での原則20万円以上の財産は借金返済のためにすべて処分しなくてはいけませんが、個人再生では住宅ローン特則の利用によって、現在の財産を手放す必要がなくなります。 また、任意整理とは異なり、個人再生は裁判所を通します。 借金を再生計画によって減額し、通常3年間の期間中、分割で返済していく流れになります。 借金の額を減らすための利息制限法の引きなおし、また金融機関や業者との交渉は簡単ではなく、手続きにも手間がかかるため、基本的には弁護士や司法書士など専門家に依頼します。 家は壊してしまうと二度と同じ姿には戻れませんし、再び手に入れることも不可能に近いでしょう。 手放したくないマイホームなどの財産がある方は、検討する価値のある債務整理方法です。 デメリットとしては手続き期間が他の債務整理方法と比較して長いこと、そして原則的には3年間は借金を返済し続けなくてはならないことです。 自己破産では手続き後の収入は債務者のものになりますが、個人再生では返済にあてなくてはならないという違いです。 ただしメリットとして、個人再生には自己破産のように資格の剥奪や制限義務はありませんし、条件はありますが、現在所有する財産を手放すことなく返済プランを立てられることは大きな特徴です。 もちろん手続き後は不当な利息を請求されることもありません。

特定調停

4つある債務整理の方法の中で、特定調停と似ているのは任意整理です。 違いは裁判所を通すかどうかの問題で、特定調停は裁判所を通して行なう任意整理だと捉えて下さい。 債務者と債権者の和解を進めるために、裁判所の調停委員が仲介役になります。 特定調停のメリットとして、費用が非常に安く抑えられるという点が挙げられるのですが、その分調停の日には債務者が必ず裁判所を訪れる必要があり、しかも手続きも煩雑で本人の負担がかなり大きいデメリットがあります。 裁判所に申し立ててすぐに取り立てをストップすることもできますし、メリットもありますがとにかく特定調停は面倒臭い債務整理方法です。しかも任意整理とは違い、過払い金が生じていれば訴訟も別途必要になり、手続きの連続と裁判所の往復は覚悟しなくてはいけません。 また、計画どおりに返済できなければ、債権者に代わって国が強制的に財産を回収します。 取り立てや差し押さえによって債権は回収されますから、返済義務は必ず守らなくてはなりません。 また、特定調停のデメリットとして、信用情報機関に情報が記載、要するにブラックリストに載ってしまう恐れが挙げられます。 情報が記載される期間は2年から7年程度ですが、その間カードを新しく作ったり、新規借り入れやローンを組むのは難しくなるでしょう。手続きの費用自体は本当に安く、借入社数分の印紙代と切手代程度で済むのは大きなメリットですが、実際特定調停による債務整理はスムーズにいかないことが多いようです。


当サイトでは、債務整理でお悩みの方へ向けて債務整理の仕組みや種類、実績ある司法書士事務所を紹介しています。杉山事務所では、依頼時に掛かる費用をわかりやすくご説明し、費用を分割でお支払いいただくことが出来ます。
また、経験豊富な職員が消費者金融との交渉にも一切妥協せず、徹底して戦い最後までご担当いたします。 是非一度司法書士杉山事務所に相談してみてはいかがでしょうか。